FC2ブログ

食い物の恨みは恐ろしい

「食い物の恨みは恐ろしい」

という諺がありますが、




4か月と21日の仔犬の小豆(あずき)

こんな怒り方するんだー

という これまで見たことがない

怒り方をしました。




それは夜のおたのしみ会で

鹿肉ジャーキーを食べさせた時の事。

ゆっくり噛んで食べてた小豆の鹿肉を

小梅が横取りした模様で、

それで小豆は全身の毛を逆立てて

小梅に対して本気の怒り

小豆をなだめても鹿肉を与えても怒りは収まらず・・

その日は寝るまで不機嫌なままでした。

小梅小豆1

一夜明けて小豆の様子を見ると

怒りは収まって普段通りの態度になってたので

ホッとひと安心

逆に小梅が盗ってしまったことを後悔しているのかも。




犬の世界では娯楽・楽しみが限られてる分、

食べる事は何よりの楽しみ。

人間よりも食べ物に対する執念は深いのかもしれませんね。

小梅小豆2

盗ってションボリ盗られてションボリ





6/29 本日の故事ことわざ慣用句

移れば変わる世の習い





↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


ふるさとチョイス
ふるさとチョイス 山陽小野田市はコチラ
革製リードも返礼品で選べるようになりました
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply